文化庁委嘱事業 建物博物館

2007年10月 7日 (日)

パネル展示

10月6,7日は、気仙沼内湾エースポート前で『プレDCキャンペーン』が行われ、その期間の博物館会館を依頼されました。

実にお昼から夜8時まで・・・で、閉館までずっと来客が有り、のどを潤しながら説明に明け暮れまして流石にヘトヘトになりました。

P16408181

P16407831

丁度、パネルの展示も終わりましたので、見やすくなったと好評でした。

P16407231

P16407251

是非新しいパネルを見に博物館に足をお運び願います。『文責 ma』

2007年9月28日 (金)

高校生と文化財を語る!

今日は、国登録有形文化財の『武山米店』さんの二階をお借りして、『文化財を活かす』をテーマに高校生と共に考えるトークセッションを開催しました。

P16403461

『文化財ってなぁに?!』から、『文化財から見えてくるもの』まで、パワーポイントで紹介しながら『活かす工夫』を話してもらいました。

P16403591

武山栄子さんからは、『住み続け、建物を愛しむ心』や、建物から見えてくる『災害の歴史』など、語っていただきました。

P16403631

『私も古い建物が好きなので住みたい』『身近に素晴らしい建物があったことを知り残して欲しいと思った』などの意見の後、活用のアイディアが色々飛び出しました。

『みんなで二三日滞在できる家』『子供やお母さんが集える図書館』『博物館や資料館』等など意見が出されました。

その後、町に出て撮影が始まりました。

P16403751

『正直言って、最初は来るのがイヤだったんですぅ~』と言ってた高校生は、『こんな会をもっとしたいです!』と言って、帰って行きました。

スタッフとして、何よりも一番嬉しい言葉です。

快くご自宅を開放していただいた武山さん、子供たちを引率していただいた諸先生方、そして影から支えていただいた市役所の職員の方々、そして風待ちの方々の暖かい心があったからだと感謝しております。

皆様、本当に有難うございました。『文責 代表』

2007年9月10日 (月)

ポスター

ポスター掲示状況をUPいたしました。

『建物パネル』も印刷を依頼し、出来上がり次第パネルに貼る(ハリパネ)作業が待っています。大きいパネルなので、ハリパネ作業は皺やよれが出来ないように・・・と、神経を使いますので、ハリパネ名人の手伝いをお願いいたします。

また、同時進行で28日『高校生と文化財を語る』(仮称)に使用する、パワーポイントでの説明スライド作成や語る会の構成・詳細の煮詰などを致します。

妙案がありましたなら、是非一報願います。『文責・撮影 Ma』

P16306531

語る会の会場『武山米店二階』と、栄子さんです。

後ろの丸窓は、『竹、桐、桑』の材を使用していますが、昭和4年の大火後間も無くの建築なので、防災に強いといわれる材を用いて意匠にしたとの事です。

床の間の『チンクグリ』や板欄間も同様の材を使用しています。

2007年8月30日 (木)

風待ちの建物

昨日は、A1パネルに使う写真撮影に行きました。

以前撮ったものは、画素数が低すぎて拡大に耐えないものばかりなので撮りなおしでした。

秋晴れで爽やかな青空をバックに、激写!激写!

P16303801

P16303861

咲き誇っていたハマナスも赤い実を付けています。

P16303891

港町ブルースが流れる向こうに海と昭和初期の建物。

昭和レトロをしみじみ感じます。

P16303441

舗装され近代的になったものの、かつてもこのようにカツオ船が並んだことをイメージできる雰囲気です。

P16303321

建物に残る『鶴亀』の模様も、豊漁を願っての事だったのでしょう・・。地震のたびに、亀や鶴にも被害が出始めていますが、当時の建て主や職人の心意気を感じます。

『文責・撮影Ma』

その他のカテゴリー