« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月26日 (土)

小々汐の板倉

気仙沼商港岸壁から対岸を望みますと、小高い丘の上に板倉が見えます。

小々汐地区も海岸線に沿うように県道が走り、それに沿って家が建ち奥は山々が連なっていますので「籾保管」を主要な用途とする板倉は少ない地域で有ったと思われます。

P17206191

P17206641

かつては、イワシ漁などで栄えた漁業中心の地域でもあり、後ろの山々は鹿折金山に繋がる重要な山で、この地域の大本家「大家」(オオイ)にはそれらを伝える文献なども残っています。

Img00002k

イワシ漁網元(大家)文化7年築  「文責 ma」

2008年4月15日 (火)

唐桑の板倉

今日は1日唐桑半島の板倉と、景観の魅力などの取材に行ってきました。

一言「唐桑は凄い」

この一言で、私の感動は伝わるのではないかと思います。デジカメのメモリー1GBを使い切り、補助のメモリーで撮るほどでした。

太平洋に突き出した唐桑半島ですので、右からも左からも海の香りが満ちた素晴らしい空気とのどかな里山と海が堪能できます。

1日、本当に充実した楽しみが味わえるところだと改めて感じました。

P17200221

P17200351

P17200661

(板倉、分りますでしょうか?中央白い建物の左上です)

P17203231

鮪立漁港です。板倉はこんもり茂った杉林の手前の小高い丘の上にあります。

P17203571

同じく対岸に2棟あるのです。こちらは海の直ぐ前です。

P17203721

P17203771

そしてまた2棟

P17204471

板倉からは海が見えました。 「文責 ma」

追伸:よく歩き、よく歩き、よく歩きの一日でしたが、島全体が梅と椿に満ち、人とのふれあいも含め素晴らしい一日となりました。

2008年4月 9日 (水)

唐桑の板倉

今日は、板倉冊子に使うための取材に唐桑方面に行きました。

P17106861

P17106691

唐桑と言えば有名なのが上記の唐桑御殿と呼ばれる民家。

あちらにもこちらにも・・・唐桑御殿の入母屋の屋根が緑の中で目立ちます。遠洋マグロ船から戻ってきた時に、「嗚呼、我が家!」とホッと胸をなでおろしたのかもしれません。

P17107311

リアス式の海岸に沿うように建てられています。

P17107321

梅と板倉と入母屋の民家と海

P17107351

これが宮城県気仙沼市唐桑町「森は海の恋人」の山々の恵みが育んだ漁業の町です。「文責 ma」

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »