« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月21日 (金)

隅きり

風待ちエリアを歩いていますと、道路整備で驚く事があります。

T字路などの角は、決まって隅きりされていたのです。昭和初期あるいはそれ以前から、道整備に係る要綱が出来上がっていたと思われます。

隅きりされると土地は扇型の角ができますが、この地の建物はその変形敷地なりに建築されており、実に面倒な仕上げが施されています。

P3300012

変形ゆえ、廊下角の仕上げ、建具(障子)が付く柱は隙間が出来ないように5角形、畳も特注、天井の棹縁の納めも角度が違うなど手が込んでいます。

Saito5256

5角形柱と廊下の納め

Saito5257

Saito52512

Saito52515

廊下天井の収め

Saito52528

室内天井のおさめ

Saito52531

変形畳

Saito52551

外部

Saito52552

Saito52562

隅きりと建物 

風待ちエリアの建物それぞれは、多くの事を語りかけてくれる気仙沼市の大事な歴史資産であると思います 「ma」

鷹揚な時代

国登録有形文化財「男山」この建物は、登記簿に「木筋コンクリート三階建て」と記載されています。

調査時、この記述をどうするか?で悩みましたが、ウォッチング説明時には土蔵造ではありますが「登記簿」には木筋コンクリート三階建てと書いてあります。と、話しております。木筋とはなんともユニークな構造体名称(竹筋コンクリートはあります)で、それがそのまま通ってしまった昭和5年頃と言うのはなんとも鷹揚な時代と言いますか・・・。

今は、建築基準法はさらに厳しくなりこんな名称は絶対に有り得ませんが、当時の世相を物語り、時代が分るとても面白い名称だと思います。

P11006101

昭和6年に、高村光太郎が気仙沼を訪れています。海から気仙沼入したわけですが、彼が一番最初に目にしたのはもしかしたらこの建物だったかもしれません。そう思うと、この前に(当然、現在公園のように整備はされていませんでしたが)立つ、高村光太郎の姿が目に浮かびます。

50年以上も過ぎた建物を「歴史的建造物」と呼ぶことがありますが、時代を経てきた建物は、建築時代を含め長い時の歴史を今に物語る大きな参考書そのもので、そう考えると木筋と言う摩訶不思議な呼称も何とも愛らしい表現だと感じます。

気仙沼全滅!と報道されるような昭和4年の大火の後、焼け野原状態の中で昭和5年に建ったこの建物を見て当時の人々は(3階建ての建物を見ることも少なかったでしょうから)驚きと賛美の目でこの建物を見上げた事でしょう。

そう思えば、「木筋」などと有り得ない表現は使ってはいけないとの見方も有りましょうが、今後も残していきたい表現ではあります。「文責 ma」

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »