« 家も素敵です | トップページ | 棟札 »

2006年10月 6日 (金)

板倉細部

板倉の魅力は、その細部にも有ります。

P14409181

P14409081

P14401271

屋根下の破風突合せ部の飾り板ですが、かなりズームしてよく見ますと扇の模様に『羽田』と文字が入っています。

その下は、最初は大黒様のお顔かと思ったのでしたが、『蕪』の模様のようです。

肉眼ではなかなか見えない部分にまで、こだわって造られている事に当時の匠の心意気まで伝わってきます。

P144092411

窓の飾りも手が込んでいます。

また、土台の角には、飾り角金物が使用されていました。

建築年代は大正10年です。

板倉の魅力を満載した『プレゼン』50棟と高校生が写した板倉の写真を

10月28・29日 気仙沼市中央公民館視聴覚室

展示いたしますので、是非お越し下さいます様お願い申し上げます。

                『文責 Ma』

« 家も素敵です | トップページ | 棟札 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。